仏教説話

盂蘭盆会


   「 盂蘭盆会 」

 お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。これは、インドの言葉の一つ、サンスクリット語の「ウラバンナ」を漢字で音写したもので、略して「お盆」と呼んでいます。

 お盆の行事は、『盂蘭盆経』に説かれている目連尊者の話に由来します。


 目連はお釈迦さまの弟子の中でも神通力一番と言われていました。

 ある時、目連はこの神通力を使って、母親の死後の世界を見たのです。すると、母親は飢餓道に堕ちて飢えと渇きに苦しんでいるではないですか。
 そこで目連はお釈迦さまにどうしたら母を救えるのか尋ねました。

 お釈迦さまは

  「お前の母は生前、物惜しみをして他人に施しをしなかった。代わりにお前が布施行をしなさい」

と言われました。


 目連はお釈迦さまの教えにしたがい、僧侶達の夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧や貧困に苦しむ人達に飲食物などを施したのです。
 すると、その功徳によって母親は極楽往生がとげられました。それ以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日になったのです。

 現在、日本各地でおこなわれるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによってさまざまですが、一般的に先祖の霊が帰ってくる期間だとされています。

 お盆の行事は?
  ■ 迎え盆・送り盆

 多くの地方では、ご先祖さまの霊を迎える「精霊棚」を13日の朝につくります。精霊棚は、盆棚ともいわれ、位牌を安置し、お供え物をする棚です。
 先祖の霊を乗せるための、なすやきゅうりで作った牛や馬もお供えします。そして13日の、夕方か夜に菩提寺とお墓に参り、先祖の霊を迎えます。これを「精霊迎え」ともいいます。この時に霊が迷わず帰ってこられるように焚くのが「迎え火」です。
 そして、16日の「送り盆」の日に、お盆の間一緒にすごした祖先の霊を送り出すのが「精霊送り」です。この時には「送り火」を焚きます。

  ■ 棚 経 ・ 新 盆

 盆の期間中、僧侶が自宅に来てお経を唱えることを「棚経」といいます。
 薬王寺では、新盆のお宅にお伺いさせていただくようにしております。

 故人の四十九日の忌明けの後、初めて迎えるお盆をいいます。
 四十九日よりも前にお盆を迎えた場合には、その年ではなく翌年が新盆となります。アラボン、ニイボン、アラソンジョ、ニイジョウロ、ネジョウレイなどと呼ぶこともあります。普段のお盆よりも丁寧に営みたいものです。


  【 新盆提灯・盆提灯 】


 地域によって異なりますが、新盆には、新盆提灯として白張りの提灯、そして、親戚や縁者からのお供えには柄のついた提灯を用いることが一般的には多いようです。

 提灯の明かりで故人の霊が道に迷わないようにするためだと言われています。

  【 お墓参りに行きましょう 】

 お墓参りに行くのは一般的に、年忌法要や祥月命日、春秋のお彼岸とお盆くらいではないでしょうか。

 機会を見つけ、また、折に触れて、お墓参りに行くことが大切でしょう。

 もし、年に一、二回しか行くことができないのであれば、そのぶん心を込めてご供養させていただきたいものです。



戻る