行  事

御施餓鬼大法会(秋季彼岸会法要)



「 御施餓鬼大法会 」
9月22日


法 話


 法要に先立ち、法話がございます。
 毎年、沢山の方においでいただいております。ありがとうございました。


御施餓鬼大法会


 法話終了後、御施餓鬼大法会(秋季彼岸会)が15名の僧侶の出仕のもと執行されました。
 9月というのに、「33度」を記録し、汗を拭いながらのお施餓鬼となりました。
 お暑い中、ご来寺・ご焼香いただきありがとうございました。

 また、お施餓鬼にてご祈念させていただきました「お塔婆」を本堂の周りに置かせていただきましたので、お墓参りの際にお持ちいただきますようお願いいたします。
 本堂入口には「お供物」も置かせていただきました。ご家庭へお持ちいただければと思います。






「 御施餓鬼大法会 」
平成18年9月22日


  法 話 
              本山特派布教師  牧   宥 恵 師


 法要に先立ち、本山よりの特派布教師 牧 宥恵 師により、法幡がございました。
 
 参座した檀信徒のみなさんは、牧師の話を伺いながら時間いっぱい法話をいただきました。

 布教師紹介

  牧 宥 恵 (まき ゆうけい)  氏

1950年  富山県新湊市 生まれ。75年インド放浪の途上「仏教」を強く意識し独学、仏画の独習に専念。77年京都智積院にて出家得度。78年和歌山根来寺境内に画房を構え、伝統仏画と三昧画の制作にあたる。現在も、個展、NHK学園「写仏」講師などの活動を通じ「自ら考え、行動する」ためのニュー・ブッディズムを発信。

   代表作
     鑚錐不動、般若十六善神(根来寺)、
     阿弥陀如来二十五菩薩来迎図(高野山遍照尊院) ほか多数

   「宥恵三昧 西遊舎」より抜粋 http://www.naxnet.or.jp/~u-kei/




平成18年 御施餓鬼大法会


 法話終了後、御施餓鬼大法会(秋季彼岸会)が執行されました。

 真言宗智山派雅楽会による雅楽の演奏がなされ法要が行われました。


 薬王寺では、秋彼岸にあたり、各家先祖代々霊と有縁無縁の関係諸霊に対し、報恩感謝の祈りを込めさせていただいております。

 また、法要後にはご祈念込められた卒塔婆を金堂周囲に置かせていただいております。施主様の墓参に際して各ご墓所にお持ちいただき、ご先祖様のご供養とともに、ご家族の幸せを卒塔婆に乗せて瑠璃光浄土のご先祖様にご報告していただければと思います。

 ご都合の付く檀信徒のみなさま、是非とも法要に参座、ご焼香いただければと思います。




戻る